トップ  農業用熱風機   多目的熱風機  農業用循環扇 環境改善装置   磁気附与農法 
 気泡磁化水・振動水付与農法   (気泡水)磁化水・波動水生成装置  大気汚染物質除去   磁気給湯装置   
 ミドリムシ(ユーグレナ)増殖農法  永久磁石反発回転装置 放射性汚染物除染装置   家庭用磁石暖房機 
植物成長・食味向上・鮮度伸長応援機    磁気アルコール熟成・芳醇装置   磁気治療具及び磁力伝播振動装置   
 気泡水(バブル)・磁気水生成器 煤煙排出削減暖炉及び発電装置  松井式特許扇風機   
松井式活用法 (シジミ・ワサビ)   会社概要    問合せ   鳥獣忌避装置  



大気汚染物質除去について
PM2.5などの大気汚染物質除去について
    
 空気とは、我々が生活を営む無色無臭の世界であり地球科学の分野では「大気」と表現されている。
 日常会話での空気を簡単に繙くと、空気は混合気体で流動組成物として地表を被覆し常に大なり小なりの動きがあり、移動しながら日々の日常が保たれている。ただ移動速度が大きくなると対該物に衝突する空気の量が増え、特に台風等では、フィリピンを襲った大暴風が示すとおり大きな風圧が生じ巨大な破壊力を生じさせ甚大な被害を齎すことになる。

 暴走する空気であろうが平穏な空気であろうが、基準値で示される乾燥空気そのもの重さは摂氏0度1気圧の時は1.293gで、一見小さいようであるが、地表付近の空気には大きな圧力(重)がかかり1気圧は1.033kgf/cm2なので地表では1cm2あたり約1kgの圧力が加わっていることになる。

 地球の空気は窒素(78.084%)酸素(20.9476%)アルゴン(0.9%)二酸化炭素(0.039%、2011年の値)他多数の微量物質で構成されている。我々が生活を営む現存する地球の現況空気は、湿潤空気(濃・薄)であり、その空気中に現在は人為的に排出される成分があり濃度が近年著しく変化しているものもある。

 現在、問題となっている
PM2.5なるものが、空気中へ混入し呼吸活動により人体に対して危険の指摘を受けWHOの当該部署から警告が発せられている。
 そのため松井エコエネルギー本社では、増田昌久代表代行を座長に空中に浮遊して飛来するPM2.5と称されている人為的異物を何等かの手法で解決できぬものかと思案した結果、粒子状大気汚染物質対策座を設置する結論に達した。

 弊社が対象とする粒子状大気浮遊汚染物質等の物性は、数マイクロメートル(?)以下の大きさで個体や液体の微粒子を対象とし、主に燃焼で生じた煤、風等で舞い上がって汚染されている土壌粒子、工場や建設現場等で生じる粉塵のほか燃焼による排気ガスや原油系等からの揮発成分が大気中で変質してできる粒子などからなる。この種の該物質は主に人や家畜等の呼吸器に沈着して健康に影響を及ぼし粒子の大きさにより、体内での挙動により健康影響は異なるそうだ。その影響度を推し量る測定基準値が大きさにより分類されているようだ。

 日本では、浮遊粒子状物質などの指標が考案され疫学的には、粒子状物質の濃度が高いほど呼吸器系の疾患や心疾患による死亡率が高くなるという有力な報告がなされている。そのため弊社対策座は、粒子状大気汚染物質なるものの濃度を少しでも減らす事を課題とした。


手段として
 
弊社特許取得製品(環境改善装置2型)の機能を最大限に活性させ粒子状大気浮遊物質をそれぞれに凝集し沈殿作用を促進させることにより大気中から早急に落下又は墜落させる手段を探究し実践しようと思っている。

     環境改善装置2型

国際特許(PCT)・国内特許取得
  特許権者:松井嗣光

方法論として
 これらの物質を大気中層内に浮遊する員外物として捉え、この員外物を凝集しようとするならば、原子→分子→混合化合物(粒子状大気浮遊汚染物質)と形成された員外物を増田考案手法
(共鳴呼応法)エネルギーを大気中層間に抛出し、回転トルク(ねじりのモーメント)を介し員外物を励起(混合化合物 + 混合化合物 + 混合化合物 + へへへ=大きな粒子)状態を燕出させ飽和員外物として肥大化させ発生源から近距離で落下できる因子を成立させると共に落下途中で不純物で組成された飽和員外物を考案したタイムマシン発生装置なるもので無害化させ地球環境改善に少しでも寄与できれば幸いと考える。

 本案を統轄する責任者として当該対策座構成員其々の研究成果結集結果をここに統括し起草した。
 
   大気汚染物質除去について pdf クリック


-Copyright(c) 2017  Matsui Eco Energy.Co All Rights Reserved. -